蛇蠍の批判


[蛇蠍(だかつ)]
 ヘビ(蛇)とサソリ(蠍)のこと。ヘビやサソリには命に関わる猛毒があるので、そこから転じて「嫌われ者」という意味も持つ。
 用例としては「蛇蠍のように嫌われる」「蛇蠍の如く恐れ忌み嫌う」など。

 私自身、こういった名前を付けること自体既に蛇蠍のように嫌われるのを承知でこのような名前にしました。
 しかし、冒頭で述べたように、批判というのは何も誰かを否定する意味だけではありません。
 「他人の意見も尊重するが、自分はこう思う」「この人は素晴らしい」…こういうのも立派な「批判」です。「批判」の本来の意味は肯定・否定などを全部含めたものなのです。
 とはいえ、私も人間ですから、好き嫌いはあります(むしろ好き嫌いをはっきり表に出す方です)。
 ですから、ある一定の目安として、肯定・中立・否定の三つに分けることにしました。

 肯定:主に取り上げている人や物に対して「プラス」のイメージで見ています。
 中立:特定はせずに全般的な物の述べ方をしています。
 否定:主に取り上げている人や物に対して「マイナス」のイメージで見ています。

 私の見方そのものが、世間一般から見ると「少数派」と思われるものが多いので、あまり共感ができないものもあるかと思いますが、色々なご意見やご感想、あるいは「自分はこう考える」ということなどございましたら、お知らせいただけると幸いに思います。

<注意>
 特に「否定の批判」に関しては、取り上げた人や物の欠点を容赦なく指摘しています。
 「神」とまで崇め奉っているほどのファンの人には読むことをお薦めできません。
 万が一私の「批判」を読んで気分を害されても、私は免責とさせていただきますので、それをご承知の上でお読みください。
 尚、この「批判」に対して中傷された場合、それ相応の措置を取らせていただきます。

 以下の「批判」のページをクリックした場合は、上記の<注意>に同意したものとみなします。



中立の批判
001:何が本物で何が偽物か
002:なぜ立場が「上」なのか
003:能力での評価と人間性での評価
004:名言=迷言?
005:実体験のある素人>実体験のないプロ
006:真の友人かどうかがわかるとき
007:「正確な虞」を
008:なぜ悪業は消えないのか
009:本来の楽しみ方を
010:なぜ「スゴイ」のか


肯定の批判
001:高校時代の先生
002:遅咲きの猛者達
003:プロ棋士にも二歩の誤り
004:夢は無限、そして夢は永遠(藤子・F・不二雄氏没後10年を偲んで)
005:今年小学校6年生になるT.M.君へ
006:#7119(救急相談センター)の重要性
007:追悼〜〜K.S.先生


否定の批判
001:「他人にうるさく自分に甘い」者どもへ
002:あなたは目下に見張られている
003:プロ棋士の二歩流れ
004:信頼度×30<<不信度×1
005:試験時間が理解できない某国立大学生







直前のページに戻る

トップに戻る


(C)批判屋 管理人の許可なく本ホームページの内容を転載及び複写することを禁じます。