エキストラダンジョン(『死のワナの地下迷宮』篇)


 『火吹山の魔法使い』に引き続き、エキストラダンジョンの第2弾は『死のワナの地下迷宮』です。
 『死のワナの地下迷宮』では、ノウムのイグバット(364番)や右手を切断された過去の挑戦者(27番)の言うように、宝石が非常に重要です。クリアに必要な3つの宝石のうち、1つでも欠けるとクリア失敗となります。迷宮で入手できる宝石は、エメラルド(11番または240番)、オパール(94番)、ルビー(285番)、トパーズ(273番または90番)、サファイア(162番)、真珠(157番)、ガーネット(308番)、そしてダイヤモンド(320番)の8種類で、クリアに必要な宝石は、エメラルドサファイアダイヤモンドですが、今回はこれら3つの宝石を入れかえるわけです。但し、宝石を入手する場所ではなく、281番のエルフの女の言葉及び364番に登場するノームのイグバットの言葉を入れかえます。

エキストラ1
  • 364番において、エメラルド⇒真珠と置き換える
  • 31番において、サファイア⇒ルビーと置き換える
  • 281番と376番において、ダイヤモンド⇒トパーズと置き換える


  • エキストラ2
  • 364番において、エメラルド⇒ガーネットと置き換える
  • 31番において、サファイア⇒ルビーと置き換える
  • 281番と376番において、ダイヤモンド⇒トパーズと置き換える
  •  これで正解ルートが変わり、違ったファングの地下迷宮を楽しむことができます。
     エキストラダンジョンはこの2つだけではなく、宝石の組み合わせを変えることによってさまざまなエキストラダンジョンを楽しむことができます。しかし「ありえないルート」をつくってしまうと、クリア不可能になってしまいます。『火吹山の魔法使い』にも出てきましたが、互いに排反な(同時に入手できない)宝石の組み合わせは避けなくてはなりません。
     ここで、互いに排反な宝石を列挙してみます。
    <組み合わせてはいけない宝石>
  • トパーズサファイア⇒同時には入手不可能
  • トパーズダイヤモンド⇒鉄のカギを入手しないとダイヤモンドは入手不可能であり、鉄のカギはサファイアとセットで入手となるため
  • 真珠ダイヤモンドガーネット⇒どの2つも同時には入手不可能
  •  以上の宝石の組み合わせさえ避ければ、あとは自由な3つの宝石を組み合わせることによって『死のワナの地下迷宮』を数倍楽しむことができます。難点としては、「真の道」へ導こうとしている幻の少女の詩(229番)が「惑わし」になってしまうことですが、これもエキストラダンジョンの「仕様」という解釈になるかもしれません。

     (原案・協力:marshalさん)

    2010/05/26



    直前のページに戻る

    トップに戻る


    (C)批判屋 管理人の許可なく本ホームページの内容を転載及び複写することを禁じます。